ウォッシャー液は何入れる(何を足す)?

ウォッシャー液

減った分は、「水」を入れています

そう、普通の水道の水

と言っても、実際のタンクの中は、薄まった「ウォッシャー液」になるけれど・・・

車検の際に、「ウォッシャー液」が(減っていたら)補充されるけれど、
その後、減った分は、ただの水を補充

(あんまり使わないのでそんなに減らないけど)

洗浄効果のある「ウォッシャー液」の方が、
油膜などが取れていい・・・というけれど、

レインXとかガラコなどのコーティングをしていると、
油膜で見にくくなることはないし、

逆に「ウォッシャー液」で、そのコーティングが取れてしまう

水だと冬に凍ってしまう、ということもあるけれど、
それ以前に、ウォッシャー液が出るノズルの先が霜などで凍ってしまう
ということは、よくあること

食器洗剤と同じで、こういうのは薄めても十分使えるので、
減ったら補充は、水道水

でも、完全な真水だと、藻(苔)などのあの緑色が繁殖して、
ノズルなどが詰まってしまう

だから、

薄くなりすぎかな? というときは、
車検時などに、補充して欲しい量(濃度)だけ、わざと減らしたままにしておく

ウォッシャー液の補充は、まぁそんな感じ


ポータブル手回し発電機


カテゴリー: レジアスエース タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">


自動車(トヨタ) ブログランキングへ