バイクで(単独で)流れに乗って走るなら車線中央を

バイク・オートバイ・モーターサイクル

バイクライダーへのお願いです。

2台以上で走るなら、もちろん千鳥状(センター寄りと左寄りの交互)ですが、

単独で、バイクで流れに乗って走るなら、車線中央を

もっとわかりやすく言うならば、
前車(四輪車)の、ナンバープレートの真後ろに。(車間距離は十分に)

教習所等では「キープレフト」と習い、馴染んでいる方も多いと思いますが、
これ、後続のクルマのドライバーにストレスを与えたり、
自らを危険な状態に置いてる場合も少なくありません。

何故なら、

あなたの存在は、後続のクリマのドライバーの視界の左端に位置しているからです。

つまり、後続ドライバーから、あなたの存在が稀薄になる。
忘れられる瞬間が生まれやすくなる。

そういう状態が続く可能性が高くなるからです。

走行中のドライバーの視線は、当然前方、前走車がいれば前走車(の中央)が中心、
そこをベースにその周囲や、横・後にも注意をはらっています。

ですので、左端を走るあなたの後続ドライバーは、
あなたではなく、あなたの前の車との車間距離になりがち。

ミニバンなどの運転席の高いクルマは、さらに視線が遠くになり、
近い場所や近い横端は、盲点になりがちです。

ドライバーが、左端前を走るバイクに意識を向けるなら(ずっとそこにいるので)、
そのストレスや疲れは、大きなものです。

これが、一定速度での巡行中ならまだしも、
流れが悪く低速での加減速や発進・停止が繰り返れれば、
その疲れやストレスばさらに増大。

後続ドライバーの緊張が切れたり、ふっと気が抜けた瞬間、ガシャーン。
あたたに追突、となりかねません。

ですので、そういう状況をつくらない、そういう状況に身を置かない、
と、いうことは、かなり重要。

車の流れに乗って走るなら、車線内の中央のポジションを。

前車のナンバープレートを、自身の身体・バイクで、後続車から隠すような位置取りで、
後続ドライバーの視線の中央に自身をおいて、しっかり認識してもらいましょう。

そうすれば、後続ドライバーに余計なストレス・疲れを与えることなく、
自身との適正な車間距離も、とってもらいやすくなります。

(左端を走るなら、速度を緩めて前車との距離を開け、追い抜てもらうつもりで。)

他車から見て、自分はどういう状態なのか?

そんなことにも意識を向けたり、他車への気配りが、
バイクを、長く安全に楽しむことにつながるのではないでしょうか。


エンジョイ・バイク!


カテゴリー: バイク タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">


自動車(トヨタ) ブログランキングへ